青森のニュース

<大間原発>2元首相と函館市長 建設阻止へ

函館市役所から大間原発の場所を確認する工藤市長(手前)と小泉元首相

 原発ゼロを目指して活動している小泉純一郎、細川護煕両元首相が29日、北海道函館市を訪れ、国などを相手に電源開発大間原発(青森県大間町)の建設差し止め訴訟を起こしている同市の工藤寿樹市長と意見交換した。
 小泉、細川両氏が設立した一般社団法人「自然エネルギー推進会議」の活動の一環。意見交換は非公開で行われた。同市によると、工藤市長が大間原発の現状や自治体初の原発訴訟に踏み切った経緯などを説明したという。
 小泉氏は意見交換後の取材に対し「核燃料サイクルと関連する大間原発は全国の原発に関係する。原発問題の核心だ。運動を盛り上げ、建設阻止に向けて頑張らないといけない」と述べた。細川氏は「いろいろな形で函館市と連携し、できることをやっていきたい」と語った。
 工藤市長は「大間原発の建設を止めないと全国に原発が新設されることになる。裁判だけでなく、世論の高まりも重要だ。2人に函館を見てもらい、力強く感じている」と話した。
 小泉氏は大間原発建設に反対する市民グループなどが同市で開いた講演会にも参加。「原発ゼロは実現できる」と強調した。平日にもかかわらず約820人が集まり、市民の関心の高さをうかがわせた。


2015年10月30日金曜日

先頭に戻る