福島のニュース

<原発事故>出荷制限のユズ販売 回収指示

 福島県は18日、東京電力福島第1原発事故に伴い、国が出荷を制限している福島市産のユズが市内のスーパーで販売されたと発表した。700グラム入り11袋の全てが販売済みで、県はスーパーに回収を指示した。
 県によると、市内の生産者が12日、「リオンドール鎌田店」に出荷。市内の別の農家からの情報提供で発覚した。生産者宅に残っていたユズの放射性セシウム濃度は1キロ当たり5.7ベクレルで国の基準(100ベクレル以下)を下回った。
 原発事故で出荷が制限されている県産農産物が流通したのは、ことし1月に発覚した本宮市旧和木沢村の大豆以来、2例目。


2015年11月19日木曜日

先頭に戻る