福島のニュース

避難先で営農、進む除染…復興の歩み動画配信

きぼうチャンネルのトップページ

 東京電力福島第1原発事故に伴い全村避難する福島県飯舘村は、避難先で営農再開する村民の姿や小型無人機「ドローン」で撮影した村の現状など映した動画を、12月1日からインターネットで配信する。村民の古里への思いをつなぎ留め、避難指示解除後の帰還促進につなげたい考えだ。
 サイト名は「きぼうチャンネル」。避難生活を送りながらも前向きに過ごす人々を取り上げる「われら飯舘村民」、村の歴史や名所を村民が案内する「いいたて散歩」など7項目に分けてシリーズ化。来年3月末まで週1〜2本ずつ、計81本配信する。
 除染が進められる村の現状などをドローンで空撮した「空から見た飯舘」、かぼちゃなどの特産品を使った料理の献立を紹介する「までいの食卓」といった項目も用意。村の担当者は「自分の目で見るのとは違う村の姿を知ることができる。若い人にぜひ見てほしい」と話す。
 配信は12月1日正午開始。パソコン、タブレット端末、スマートフォンで閲覧できる。アドレスはhttp://kibou-ch.com/


2015年11月30日月曜日

先頭に戻る