宮城のニュース

<もう一度会いたい>罪悪感深まるばかり

仏壇に手を合わせるひとみさん。自責の念に駆られ続けている

◎(4)自分を責め続ける母

 「早めに帰って来るんだよ」なんて言わなければ良かった。
 今野ひとみさん(45)=宮城県石巻市=は悔いてばかりいる。震災で3人の子を失った。

<約束あだに>
 長女の麻里さん=当時(18)=は震災の日、地元の体育館に出掛けた。同級生とバドミントンをする約束をしている。
 高3で卒業目前。大崎市の短大への進学が決まり、最後の高校生活をエンジョイしていた。
 「遊んでばかりいては駄目だよ。早く帰って進学の準備でもしなさい」
 ひとみさんは朝、そう言い聞かせて娘を送り出した。
 麻里さんは母の言い付けを守った。
 バドミントンを昼で切り上げ、バスで帰宅した。それを見計らうかのように津波が襲い、帰らぬ人となる。
 そのまま体育館にいたら命を落とさずに済んだ。
 バスは本数が少ない。1本逃すと帰りが遅れると早い便に飛び乗ったといい、それがあだになった。
 津波が1日遅かったら。
 その日、次女の理加さん=当時(16)=も家にいた。高2から高3に上がる時。入試期間で在校生は休みだった。
 次の日の午後にケーキ屋さんでアルバイトの面接を受ける予定だった。
 ケーキ屋さんに津波は届かなかった。津波が1日ずれたら死は避けられた。
 理加さんは吹奏楽部に入っていた。担当はサックス。ひとみさんは勤めがあって演奏会を見たことがない。こんなことになるなら無理しても仕事を休めば良かった。

<尽きぬ後悔>
 何で厚手のジャンパーを買ってあげたのだろう。
 長男大輔君=当時(12)=は遺体で見つかった時、中綿入りのジャンパーを着ていた。
 前年の誕生日祝いに「しまむら」で買った。寒がりだから厚いのがいい。本人も「かっこいい」と気に入っていた。
 ジャンパーは水を吸って重くなっていた。溺れないようにするのを邪魔したかもしれない。
 波に流されて生き残った1学年下の男の子から「大ちゃんのジャンパーをつかんで引っ張ったが、重くて動かなかった」と後で聞かされ、罪悪感が深まった。
 自分を責め続けている。追い込み過ぎて気が変になりそうだ。
 不意にあらぬことまで考える。
 この子たちを産みさえしなければ。
 この家に嫁がなかったら。
 悔悟の念は入り込んでいけない領域に踏み込んでいた。


2015年12月04日金曜日

先頭に戻る