宮城のニュース

<西武>ドラ6本田「活躍し恩返し」

プロでの活躍を誓う本田投手(左)と菅井監督

 プロ野球西武からドラフト6位で指名され、入団に合意した東北学院大4年の本田圭佑投手(22)の壮行会が6日、仙台市のホテルで開かれた。
 同大硬式野球部が主催し、菅井徳雄監督(59)や選手、OBら約150人が出席。本田投手は「皆さんの応援があってプロ入りという結果になった。自分の活躍を届けることで恩返ししたい」と抱負を述べた。
 菅井監督は「上位指名の選手に負けない努力をして何億円も稼ぐようになってほしい」と期待を込めた。同学年で来春から社会人野球でプレーする高橋勇樹選手(22)は「球界を代表する投手になってほしい」とエールを送った。
 本田投手は1月上旬から新人合同自主トレーニングに参加し、2月の春季キャンプに備える。


2015年12月07日月曜日


先頭に戻る