岩手のニュース

<岩手県立病院>ママドクター募集 復職支援

 岩手県医療局は、出産や育児のため退職した女性医師を県立病院の正規職員として採用する「ママドクター」の募集を始めた。随時受け付ける。子育てしながら働けるよう短時間勤務を設定し、復職を促す。慢性化する医師不足対策にもつなげる。医療局によると、女性医師の正規の復職枠を設けたのは全国の自治体病院で初めて。
 主に外来診療を担当し、勤務形態は週休2日制。(1)半日勤務に当たる1日3時間55分勤務を週5日(2)ほぼフルタイムの1日7時間45分勤務を週3日−など五つの形態から選べる。
 給与は勤務時間に応じ正規職員と同額となる。就学前の子どもがいる場合は宿直や時間外勤務がない。勤務中は院内保育所に子どもを預けることができる。
 採用枠は若干名。診療科は内科と総合診療科で、勤務は県立中央病院(盛岡市)、沼宮内地域診療センター(岩手町)、紫波地域診療センター(紫波町)を想定する。
 勤務形態は、小学3年までの子どもがいる病院職員が利用する県の「育児短時間勤務制度」を適用した。子どもが小学4年以上になった場合は、フルタイム勤務を継続できる。
 退職した育児中の女性医師の雇用はこれまで、非常勤や短期の臨時職員にとどまっていた。
 65歳未満が応募でき、書類審査と面接で選考する。採用日、勤務時間、勤務地の調整に応じる。連絡先は県医療局医師支援推進室019(629)6351。


関連ページ: 岩手 社会

2015年12月09日水曜日

先頭に戻る