宮城のニュース

<最終処分場>宮城3候補地「返上」表明

行き詰まり状態が続く宮城県内の指定廃棄物最終処分場建設問題で、8回目となる市町村長会議が開かれた=13日午後、仙台市宮城野区の仙台ガーデンパレス

 東京電力福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場建設問題で、環境省は13日、8回目となる宮城県内の市町村長会議を仙台市で開いた。栗原、大和、加美の3市町長がそろって候補地を返上する意向を訴えた。環境省は従来通り3市町で現地調査を行う方針に理解を求めた。
 佐藤勇栗原市長は現地調査着手が2年連続で越年することについて「これ以上我慢できず、返上する。今後現地調査は一切受け入れない」と強調。浅野元・大和町長も同様の考えを述べた。猪股洋文加美町長は県内処分を断念し、福島県飯舘村の仮設焼却施設で処分することを提案した。
 井上信治副大臣は「市町村長会議で議論を重ねて決めた(県内処分の)方針を貫きたい」と繰り返しながら、打開策があるか検討する考えを示した。
 今後について首長からは、村井嘉浩知事に県主催の市町村長会議開催を求める声が出た。村井知事は「今回の会議を踏まえた環境省からの回答を待ち、その上で集まってもらいたい」と前向きな姿勢を見せた。


2015年12月13日日曜日


先頭に戻る