宮城のニュース

<遠刈田温泉>湯のまちに光のツリー

冬の温泉街を彩るイルミネーション

 蔵王町遠刈田温泉の中心部にある遠刈田イベント広場で「真冬のイルミネーション」の点灯が始まった。
 高さ5メートルと3メートルの柱5本に、発光ダイオード(LED)電球約2000個を円すい状に飾り付けた。12日夕の点灯式で白と青の光に彩られたツリーが立ち現れると、集まった人々から歓声が上がった。
 蔵王山(蔵王連峰)の火山活動の高まりで観光客が落ち込んだ遠刈田温泉を元気づけようと、町商工会青年部が初めて企画した。
 点灯は来年2月29日までの午後5〜10時。青年部の村上記康部長は「地元の企業や団体、住民が相互扶助を築き、活気あふれるまちにしたい」と広場を照らす明かりに願いを込めた。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2015年12月15日火曜日


先頭に戻る