福島のニュース

<原子力PR看板>撤去開始 役場倉庫に保管

撤去作業が始まった看板の前でメッセージを掲げる大沼さん夫妻

 東京電力福島第1原発が立地し、原発事故で大半が帰還困難区域の福島県双葉町は21日、2カ所に設置していた原子力PR看板の撤去を始めた。町民に募集した標語を掲げ、原発との共生を目指した町の象徴だった。工期は来年1月10日まで。将来の展示も視野に復元可能な形で保管する。
 国道6号に面した町体育館前の看板(1988年設置)の撤去に着手。作業員が高所作業車に乗り、看板の表裏にはめ込まれた「原子力明るい未来のエネルギー」「原子力正しい理解で豊かなくらし」のアクリル製の文字板を取り外した。
 小学生のときに「明るい未来」の標語を考え、現地保存を求めてきた大沼勇治さん(39)が作業を見守った。妻と2人で「撤去が復興?」「過去は消せず」と書いた紙を手に「悔しい。悲しい歴史、痛みを共有し、伝えるために現地で残してほしかった。将来、必ず復元・展示されるよう注視し、見届ける」と語った。
 町体育館前の作業は数日で終え、年明けに町役場入り口の看板(91年設置)を撤去する。幅15〜17メートルの看板部分は三つに切断し、文字板や支柱と一緒に町役場倉庫に保管する。
 双葉町は3月、老朽化を理由に看板の完全撤去を表明。大沼さんが保存を求める署名を提出したことを受け、方針を転換した。


2015年12月22日火曜日

先頭に戻る