宮城のニュース

<閖上中>あの日の記憶刻む校舎 姿消す

白煙を上げて旧閖上中校舎を取り壊す重機=24日午前10時45分ごろ、名取市閖上

 あの日の記憶が刻まれた建物がまた一つ、姿を消す。宮城県名取市は24日、東日本大震災で被災した閖上地区の土地区画整理事業に伴い、旧閖上中校舎本体の解体工事に着手した。
 校舎は鉄筋コンクリート3階建て。2階と3階のバルコニーの一部を、大型重機2台を使って取り壊した。砕けた壁や床が白煙を上げて崩れ落ち、激しい音が周囲に響き渡った。解体は来年2月ごろまで続く。


2015年12月25日金曜日

先頭に戻る