福島のニュース

<福島第1>2号機原子炉建屋にキツネ?侵入

2号機建屋内で撮影されたキツネとみられる小動物(矢印、東電提供)

 東京電力は28日、福島第1原発2号機の原子炉建屋にキツネとみられる小動物が侵入したと発表した。電気ケーブルなどをかじるといったトラブルは今のところ確認されていない。
 東電によると、今月21日午前6時ごろ、建屋1階の「X6ペネ」周辺を小動物が歩いているのを監視カメラで確認。10分ほどカメラに映った後、小動物は姿を消した。侵入経路や建屋から出たかどうかは不明。
 X6ペネは、2号機の原子炉内部を探るためのロボットの投入口として東電が遠隔操作で除染を進めている。空間線量は比較的高い毎時200ミリシーベルト。
 第1原発では2013年3月、屋外の仮設配電盤にネズミが入ってショートし、1、3、4号機の使用済み燃料プールの冷却が29時間止まったトラブルが起きた。


2015年12月29日火曜日


先頭に戻る