秋田のニュース

<高校サッカー>秋田商 無念1点に泣く

 第2日は31日、千葉市のフクダ電子アリーナなどで1回戦15試合が行われ、聖和学園(宮城)、青森山田、尚志(福島)が2回戦へ進んだ。遠野(岩手)、秋田商、日大山形の2回戦進出はならなかった。
 聖和学園は野洲(滋賀)に7−1で大勝し、青森山田は大社(島根)に3−2で逆転勝ち。尚志は京都橘に1−0で競り勝った。遠野は夏の全国高校総体で2連覇した東福岡に0−3で敗退。秋田商は鳴門(徳島)に0−1と惜敗した。日大山形は山口鴻城に0−0からのPK戦で敗れた。
 2回戦は1月2日に実施され、聖和学園は青森山田との東北勢対決となる。尚志は駒大高(東京B)と対戦する。

 ▽1回戦
鳴門(徳島) 1/1−0/0 秋田商
         0−0
▽得点者
【鳴】丸川(PK)

 【評】秋田商は反撃及ばず、1点に泣いた。前半は技術に優れる鳴門の攻撃陣をつかまえられず、12分にPKから先制された。後半はロングボール主体の攻撃でペースをつかんだ。セットプレーから好機も迎えたが決め手を欠いた。


2016年01月01日金曜日

先頭に戻る