福島のニュース

楢葉の日の出、感慨深く 避難解除後初の新年

海辺の展望台から初日の出を拝む人たち=1日午前7時ごろ、福島県楢葉町の天神岬スポーツ公園

 東日本大震災から5度目の新年を迎えた1日、被災地では多くの人々が、初日の出に復興の加速と生活再建の願いを託した。
 福島県楢葉町は昨年9月、東京電力福島第1原発事故による避難指示が解除された。海を望む高台の天神岬スポーツ公園には、5年ぶりに自宅で元日を迎えた住民や避難暮らしを続ける人たちが集まった。午前6時50分ごろ、雲間から太陽がゆっくり顔をのぞかせると、それぞれが手を合わせた。避難先のいわき市から訪れた主婦猪狩正子さん(62)は「早く古里の楢葉に戻ってきたい」とまばゆい陽光に目を細めた。


2016年01月03日日曜日


先頭に戻る