宮城のニュース
  • 記事を印刷

<新春>防災胸に力強く 石巻消防団出初め式

一斉に放水する各分団

 宮城県石巻市消防団石巻地区団の出初め式が3日、市総合運動公園駐車場などであった。10分団などから計約300人が参加し、災害へ備えるべくより一層、気を引き締めた。
 公園駐車場では団員が殉職者に黙とうをささげた。隊列を組み行進した後、各分団がポンプ車を横一列に並べ、一斉に力強く放水した。
 千葉正一地区団長は「消防団の使命は、あらゆる災害から市民を守るところにある。各団員は任務の重要性を理解し、精進してほしい」と訓示した。
 石巻地区消防本部であった式典では、永年勤続者や優良団員が表彰された。この日は河南、桃生の両地区団も出初め式を実施した。出初め式は、地区団ごとに17日の河北地区まで続けられる。


2016年01月04日月曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る