広域のニュース

東北新幹線遅れ 小窓閉まらず減速運転

 3日午後6時55分ごろ、東北新幹線東京発仙台行きやまびこ151号が郡山駅に停車中、車掌室の小窓が閉まらないトラブルがあった。小窓が開いたまま郡山駅を17分遅れて出発。安全のため速度を落として走行し、終点の仙台駅に1時間13分遅れで到着した。
 JR東日本によると、小窓は駅到着時や出発時に車掌が手動で開け閉めする。小窓をロックするフックが掛からなかったのが原因。乗客約310人に影響した。


関連ページ: 広域 社会

2016年01月04日月曜日

先頭に戻る