宮城のニュース

TVゲームは脳の発達に悪影響 東北大が警告

 テレビゲームは子どもの脳の発達に悪影響を与えると、東北大加齢医学研究所の研究グループが発表した。調査した竹内光准教授(神経科学)は「ゲームに興じる時間と脳の発達の遅れは比例する」と警告する。
 グループは宮城県在住の5〜18歳283人を対象に、脳画像解析と知能検査を実施した。
 磁気共鳴画像装置(MRI)で脳を調べると、テレビゲームで長時間遊ぶ子どもは、物事を認知したり記憶したりする領域の発達が遅れていた。
 快楽を感じたときに出る神経伝達物質「ドーパミン」の過剰放出により、意欲をつかさどる領域にも悪影響があった。これは覚せい剤常用者と同じ特徴だという。
 また、テレビゲームで遊ぶ時間が長ければ長い子どもほど言語能力が低く、類似する言葉を見つけたり、読み上げられた算数の文章題に暗算で答えたりする検査の成績が劣っていた。
 3年後に再び調査すると、テレビゲームが習慣化している子どもは脳の発達がさらに遅れていた。


関連ページ: 宮城 社会

2016年01月07日木曜日


先頭に戻る