宮城のニュース
  • 記事を印刷

<澤穂希>仙台で新婚生活へ

サッカーの皇后杯全日本女子選手権準決勝 妻の澤選手(中央)が出場するINAC神戸戦を見守る、仙台Lの運営会社の運営・広報部長を務める辻上さん=2015年12月23日、川崎市の等々力陸上競技場
東京都内のイベントで、引退後の展望について語る元サッカー女子日本代表の澤さん=2016年1月6日、東京都港区

 昨年末に現役引退した元サッカー女子日本代表の澤穂希さん(37)が6日、東京都内で行われたイベントに登場し、「仙台に引っ越す」と夫のベガルタ仙台運営・広報部長、辻上裕章さん(39)との新生活に胸を膨らませた。転居時期は明らかにしなかった。
 澤さんは「サッカーの普及もだが、子どもたちに夢を与える仕事がしたい」と人生の展望を口にした。その上で、昨年12月27日の皇后杯全日本女子選手権決勝でINAC神戸を優勝に導くゴールを決めるなど「ずっと走り続けてきたので。結婚生活を充実させてから次の道に進みたい」と話し、自らの子どもについては「いずれそういう形になればいい」とした。
 年末年始はゆっくり骨休みしたそうで、当面は仕事に就かず充電するという。
 澤さんとの新生活について、辻上さんは「まだ同居の時期は何も決まっていない」と話している。


関連ページ: 宮城 社会

2016年01月07日木曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る