宮城のニュース

レールにまく砂入り「滑らないお守り」配布

スリップ防止用砂が入ったお守り

 本格的な受験シーズンを目前に、宮城県気仙沼市のJR気仙沼駅にドラゴン神社がお目見えした。合格祈願で「滑らないお守り」を無料で配布。中にはレールのスリップ防止にまく砂が詰められている。
 神社名は路線の形が竜に似ている大船渡線の愛称「ドラゴンレール」にちなむ。10年以上続く季節限定神社で、お守りは駅員が手作りした。近くの神社で祈〓(きとう)を受け、1000個を準備した。
 看護の専門学校を受験するため東京に向かう気仙沼高3年の丹野格君(17)は8日、お守りを手に入れ「心の支えにします」と笑顔で話した。
 バス高速輸送システム(BRT)も運行する駅の関係者は「神社などの取り組みで親しまれる拠点にしたい」と話す。

(注)〓は示へんに壽


関連ページ: 宮城 社会

2016年01月09日土曜日


先頭に戻る