山形のニュース

<肘折温泉>積雪415cmで宿泊無料

 山形県大蔵村観光協会は15日〜2月29日、国内有数の豪雪地・肘折温泉で、3メートル以上の積雪量に応じ宿泊費を割り引く「大雪割キャンペーン」を行う。目玉は過去最深の414センチを超えたら無料にする内容で、冬場の集客を狙う。
 宿泊翌日の午前7時の積雪(アメダス計測)を基に300〜349センチなら1人1泊につき400円引き、350〜399センチなら800円、400〜414センチなら1600円をそれぞれ割り引く。記録更新となる415センチ以上は無料になる。全20旅館のうち17軒が実施し、連泊も対象。
 肘折は1〜2月の厳冬期、3メートル以上の積雪は珍しくなく、2005年と13年の2月には414センチを記録した。ただ暖冬傾向の今季は雪が少なく、例年の半分以下の状態が続いている。
 村観光協会の担当者は「大雪になるほどお得なので、気象をチェックし湯治に来てほしい」と話す。


関連ページ: 山形 経済

2016年01月09日土曜日


先頭に戻る