宮城のニュース
  • 記事を印刷

何に見える?震災語り継ぐ交流館のロゴマーク

 ◇…建物のような、稲穂のような、渦巻きのような不思議なデザイン。古代の象形文字にも見えてくる。
 ◇…左から「S、3、11、M、C、C」。仙台市が地下鉄東西線荒井駅に開設した「せんだい3.11メモリアル交流館」のロゴマークだ。施設名の英語の頭文字を大胆に図案化した。
 ◇…交流館は東日本大震災で被災した沿岸部に近い。「震災から受け取るものは人それぞれ。多様な解釈ができるロゴにした」とデザイナー松井健太郎さん(34)。現代の象形文字を呼び水に震災を語り継ぐ。


関連ページ: 宮城 社会

2016年01月12日火曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る