宮城のニュース

道の駅三本木でEV充電器利用開始

「道の駅三本木やまなみ」に設置されたEVの急速充電器

 宮城県大崎市三本木の国道4号沿いにある「道の駅三本木やまなみ」に電気自動車(EV)用の急速充電器が設置され、15日に一般利用が始まった。
 設置場所は下り線駐車場内。大崎市が用地を提供し、日本充電インフラ株式会社が急速充電器を2基設置した。市三本木振興公社が管理を担当する。
 自動車4社などでつくる合同会社日本充電サービス(NCS)のネットワーク対応の充電カード所有者なら24時間、誰でも利用できる。利用料は10分180円で、30分まで利用可能。
 道の駅三本木のほか、大崎市内でEVの急速充電器を設置している公共的施設は3カ所。鳴子温泉地区の東北大中山平実験サイト、田尻地区の加護坊温泉さくらの湯、岩出山地区の「あ・ら・伊達な道の駅」にある。


関連ページ: 宮城 経済

2016年01月17日日曜日

先頭に戻る