宮城のニュース
  • 記事を印刷

雪の校庭 竹馬軽快

雪化粧した校庭で竹馬に乗り競走する児童ら

 宮城県丸森町の金山小(児童52人)で16日、恒例の「新春竹馬運動会」が開かれた。
 町特産の竹を使った昔遊びで丈夫な体を作ろうと始まり、ことしで45回目。雪の中、児童らははだしで竹馬に乗り、駆けっこやサッカー、リレーなどの競技を行った。
 同校では、1年生から体育の授業に竹馬を取り入れている。6年の星かえでさん(12)は「ことしはお父さんが新しい竹馬を作ってくれた。1年生のころは歩くのも難しかったけど、今では竹馬で走ったり、階段を上ったりできてとても楽しい」と話した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年01月17日日曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る