宮城のニュース
  • 記事を印刷

<石巻駅前カキ横丁>復興支援に感謝アツアツ

感謝を込めて無料提供された焼きカキ

 石巻市特産のカキの振る舞いや格安販売を行う「石巻駅前カキ横丁」が17日、同市のJR石巻駅前にある市観光物産情報センター「ロマン海遊21」前であり、家族連れなどでにぎわった。
 東日本大震災からの復興支援に感謝しようと、県漁協石巻湾支所研究会と石巻市東部支所研究会が企画。漁師約25人が、前日に地元で水揚げしたカキを使って焼きカキ約1300個とカキ汁500食分を無料で配った。
 格安販売では、カキご飯500食や殻付きカキ6個入りの160袋を各300円で売り出した。殻付きカキは約30分で売り切れ、急きょ160袋を追加した。
 家族4人で訪れた仙台市錦ケ丘小4年遠藤愛梨さん(10)は「前日から楽しみだった。カキがプリプリで海のにおいもしておいしかった」と笑顔で話した。
 石巻湾支所研究会の本田孝彦会長(40)は「たくさんの人の支援でなりわいを再開できた。復興はまだ道半ば。カキで少しでも前向きになってもらえればいい」と語った。


2016年01月18日月曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る