山形のニュース
  • 記事を印刷

<モンテ>J1再復帰「つかみとる」祈願

今季の必勝を祈願する山岸選手(中央)ら

 サッカーJ2山形は17日、山形市の諏訪神社で必勝祈願を行い、J1再復帰に向け決意を新たにした。開幕戦から好スタートが切れるように、暦の六曜で「先勝」のこの日を選んだ。
 石崎信弘監督と選手、スタッフの計48人が参加。運営会社モンテディオ山形の森谷俊雄社長、石崎監督、昨季主将のGK山岸範宏選手が玉串をささげ、大きさが1畳ほどある特製絵馬に参加全選手がサインした。
 山岸選手は「良い報告ができるようにと願いを込めた。チーム一丸でJ1昇格をつかみたい」と語った。ことしが年男のDF高木利弥選手(23)は「年間通して試合に絡めるよう頑張りたい」と気を引き締めた。


2016年01月18日月曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る