宮城のニュース
  • 記事を印刷

<ブラックバイト>労働審判前に200万円和解

 アルバイト代を未払いの上、店の赤字を穴埋めさせたとして、仙台市太白区の20代の男子大学生が同市青葉区国分町のダイニングバーの30代の男性経営者に対し、約210万円の支払いを求めて労働審判を申し立てた問題は、経営者が200万円の解決金を支払うことなどで18日までに和解が成立した。大学生側の代理人が明らかにした。
 学業に支障が出るほど過酷な労働を強いる「ブラックバイト」問題で、学生が労働審判を申し立てたのは全国で初めてとみられ、仙台地裁で近く第1回の労働審判を控えていた。和解を受け、大学生は18日、申し立てを取り下げた。
 大学生側は「未払い賃金に加え、慰謝料相当額も認めてもらった。ブラックバイト根絶の一助になるといい」と述べた。
 申し立てによると、男子大学生は2014年4月、週3日働く内容でアルバイト契約を結んだ。同年8月以降、ほぼ毎日出勤を求められ、登校できなくなった。賃金の未払い額は約120万円に上り、赤字補填(ほてん)名目で約10万円を支払わされるなどした。


関連ページ: 宮城 社会

2016年01月19日火曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る