岩手のニュース

<山田NPO横領>元代表に懲役6年判決

 岩手県山田町から東日本大震災の緊急雇用創出事業費を横領したとして、業務上横領罪などに問われたNPO法人「大雪りばぁねっと。」(北海道旭川市、破産手続き中)の元代表理事岡田栄悟被告(37)と妻の光世被告(34)=いずれも旭川市=の判決で、盛岡地裁は19日、岡田被告に懲役6年(求刑懲役8年)、光世被告に懲役2年6月(求刑懲役3年6月)を言い渡した。
 岡田健彦裁判長は「被告人らは復興事業関係者としての立場を悪用し、委託料を目的外の用途に充てた。被災地の人々と復興を援助しようとする国民全体の思いを踏みにじる実に身勝手で悪質な犯行」と述べた。
 判決によると、岡田被告は2011年11月〜12年11月、勤務実態のない従業員への給与や事業に関連しない不動産や土地、スーツなどの購入費として事業費計約5300万円を横領した。13年5月ごろには法人の財産である水上バイクなど19点(購入価格計1520万円)を十和田市に持ち去った。
 経理担当だった光世被告は、このうち約1300万円の横領に関与した。


関連ページ: 岩手 社会

2016年01月19日火曜日


先頭に戻る