福島のニュース
  • 記事を印刷

<福島第1>3号機燃料取り出し装置完成

東電が公開した模擬の燃料プールからの取り出し訓練

 東京電力は18日、福島第1原発3号機から使用済み燃料を遠隔操作で取り出すため、東芝と共同開発した装置を横浜市鶴見区の東芝京浜事業所で公開した。炉心溶融(メルトダウン)した1〜3号機のうち、取り出し装置の完成は初めて。2017年度の取り出し開始を目指している。
 装置は、取り出しから輸送容器への装てんまで全て遠隔で行う「燃料取扱機」と、がれき吸引などを補助する2本のマニピュレーター(アーム)などで構成。油漏れのトラブルなどを防ぐため、モーターと水圧による駆動・制御法を採用した。
 装置公開では、マニピュレーターなどに取り付けたカメラ計22台の映像を見ながら、操作員がケーブルを切断。取っ手をつかんで燃料集合体を持ち上げる動きなどを確認した。
 3号機のプールには566体の燃料が残っている。東電は17年度後半の取り出し開始を目標に、建屋上部へのカバー設置工事をことし春に始める予定。
 1〜4号機のうち、放射線量が低く、建屋で作業員がクレーンを操縦できた4号機は14年12月に1533体の燃料取り出しが終了。1、2号機にはそれぞれ392体、615体が貯蔵されている。


2016年01月19日火曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る