福島のニュース
  • 記事を印刷

<全村避難>卒業はどこで…中学校再開へ対話

菅野村長(左)に質問する女子生徒

 東京電力福島第1原発事故で全村避難する福島県飯舘村の菅野典雄村長は19日、福島市に仮設校舎を置く飯舘中の1年生31人と懇談し、2017年4月に村内で学校を再開する村の方針について意見を交わした。
 菅野村長は「17年4月に幼稚園と小中学校を再開したい。大変な判断をしてもらう可能性があるが、前向きに考えてほしい」と要望した。
 17年4月に再開した場合、現在の中学1年は高校受験を控える中学3年への進級を前に、村内の学校に通うか転校するかの選択を求められる。
 生徒からは「この学校で卒業したい」「私たちが村に帰るメリットはあるのか」などの声が上がった。卒業前の同級生との別れを意識して涙ぐむ生徒もいた。
 佐藤安美さん(13)は「また友人と離れ離れになるのは嫌だ。中学3年は落ち着いた場所で受験勉強をしたい」と話した。
 同村は帰還困難区域の長泥地区を除き、17年3月までの避難指示解除を目指している。


2016年01月20日水曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る