宮城のニュース

安保法制に反対 高校生一斉デモ 仙台など来月

 安全保障関連法に反対する高校生のグループ「ティーンズ・ソウル」のメンバーが21日、東京都内で記者会見し、2月21日に高校生を中心とした一斉デモを実施すると発表した。東京・渋谷のほか仙台、大阪などで予定しており、計3万人の参加が目標という。
 「昨年起きた国会前のムーブメントをもう一度引き起こしたい」と強調。今後、同世代の若者たちに参加を呼び掛けていく。
 また、選挙権が18歳以上に引き下げられる今夏の参院選に向け、メンバーの男子高校生は「若者の政治離れが問題になっているが、私たちが声を上げることで同世代や大人にも幅広く投票を呼び掛けたい」とした。今後、安保法を学ぶ勉強会のほか、模擬選挙なども企画するという。


関連ページ: 宮城 社会

2016年01月22日金曜日


先頭に戻る