宮城のニュース
  • 記事を印刷

<みやぎ優れMONO>街路灯など9点認定

認定を受けた製品

 宮城県内の優れた工業製品を対象にした第8回「みやぎ優れMONO」認定式が22日、仙台市青葉区の仙台国際センターであり、産電工業(泉区)のソーラー発光ダイオード(LED)街路灯など過去最多の9点が新たに認定された。
 街路灯は両面で受光できるソーラーパネルを柱部分に垂直に設置。積雪量の多い地域でも安定して発電でき、LED使用で長寿命化も図った。デザインココ(青葉区)の超大型3Dプリンター「COCO MIYAGI76」は国産最大の出力寸法を実現。制御プログラムを独自開発し、複雑な形状の出力を可能にした。
 みやぎ工業会などでつくる実行委員会が主催し、応募13件から決定した。
 その他の認定製品は次の通り。

 フォトニックラティス(青葉区)「2次元復屈折評価システムWPA−200(−L)」▽今野印刷(若林区)「tegamiブランドによる独自の活版印刷カード」▽ヤグチ電子工業(石巻市)「視機能検査訓練装置オクルパッド」▽宮城化成(栗原市)「不燃透明複合材EXVIEW」▽東北特殊鋼(村田町)「表面硬化処理法キリンコートCシリーズ」▽C&A(青葉区)「放射線検出器用シンチレータ単結晶」▽アークテック(山元町)「ユニット式危険物庫鍾馗(しょうき)くん」


関連ページ: 宮城 経済

2016年01月23日土曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る