宮城のニュース

<アーカイブ大震災>通信不能1600人孤立

津波で瞬く間に水没した仙台空港。がれきも押し寄せた空港ビルは孤立した=2011年3月11日午後4時すぎ

 「仙台空港ターミナルビルに1300人が孤立」。2011年3月13日夕に発行された号外は、宮城県や県警などの情報として、こう報じた。国内8都市、海外7都市と結ぶ東北の空の玄関口は、滑走路などが津波に襲われ、水没。周囲は無数の自動車やがれき、小型飛行機が浮かぶ中で、空港ビルは「孤島」と化していた。

◎その時 何が(4)仙台空港水没(岩沼市、名取市)

 仙台空港の上空は、どんよりとした低い雲が垂れ込めていた。3月11日午後2時40分、中国国際航空924便が、乗客61人を乗せ、中国・大連に向けて離陸した。
 激しい揺れが襲ったのは、わずか6分後だ。
 実は、地震の1分前、2時45分に大阪(伊丹)発の日本航空2209便が着陸するはずだった。天候不良で到着が遅れていた。
 仙台空港であの日、発着を予定したのは国内線約80便、国際線8便に上る。空港で旅客機の駐機がゼロになるのは1日3、4回、それも、それぞれ数分から20分程度にすぎない。地震発生時、大阪便の遅れで、奇跡的に滑走路に旅客機はなかった。
 空港関係者が「不幸中の幸い」と胸をなで下ろしたのは、だが、わずかな時間だけだった。午後4時ごろ、車やがれきをのみ込みながら、巨大津波が襲来する。

 宮城県岩沼市下野郷の特別養護老人ホーム「赤井江マリンホーム」は、目と鼻の先に太平洋が広がる。
 津波が来るとラジオが告げた。事務長の鈴木信宏さん(53)は、避難先を約1キロ北の仙台空港ターミナルビルに決めた。
 職員は利用者96人を9台の車でピストン輸送した。職員を含む144人全員が避難を終えたのは、津波が襲来する直前、午後3時53分だった。
 空港ビルは、宮城県名取市と岩沼市の指定避難所だ。地域の住民約250人が続々と集まった。岩沼市議会議長の沼田健一さん(61)=同市下野郷=も身を寄せた。
 津波が滑走路を水の底に沈め、到着ロビーなどがある空港ビル1階にがれきや車などを押し込んだ。停電、断水、通信不能。旅客や地域住民、航空会社やビル、関連施設の職員ら1600人が孤立した。目の前の惨状に、沼田さんは「1週間は脱出できないと覚悟した」。

 1600人は2階、3階に分かれ、土産品などを食べた。空港に食料と水は十分にあった。
 孤島のビルに最初にたどり着いたのは、富山県高岡市高岡消防署の特別救助隊員だった。
 夜通し車両を走らせ、12日早朝から救助に入った。空港の約1キロ手前で道路は冠水。ボートで接近を試みたが、がれきに阻まれ船外機もオールも使えない。隊員が交代で、胸まで水に漬かってボートを押した。
 午前10時22分、ようやく空港ビルに着いた。救助隊長の小原政和さん(35)は避難者たちの安堵(あんど)の表情を見て、「全員を助け出さなければならないと強く思った」と振り返る。
 「滑走路伝いに西側ゲートから陸路が使える」。救助隊から連絡を受けた名取市消防本部が、がれきを撤去し、午後4時ごろ、車1台分の通路を確保した。地震発生から25時間。空港の孤立状態が解消された。
 マリンホームの利用者と職員は12日夕、空港職員らは13日にバスや徒歩で脱出を開始した。最後の住民約100人が空港を後にしたのは16日だった。(門田一徳)=2011年5月17日河北新報
          ◆         ◆         ◆
 2011年3月11日の東日本大震災発生以来、河北新報社は、被災地東北の新聞社として多くの記事を伝えてきた。
 とりわけ震災が起きた年は、記者は混乱が続く中で情報をかき集め、災害の実相を明らかにするとともに、被害や避難対応などの検証を重ねた。
 中には、全容把握が難しかったり、対応の是非を考えあぐねたりしたテーマにもぶつかった。
 5年の節目に際し、一連の記事をあえて当時のままの形でまとめた。記事を読み返し、あの日に思いを致すことは、復興の歩みを促し、いまとこれからを生きる大きな助けとなるだろう。


2016年01月23日土曜日


先頭に戻る