宮城のニュース

<山口組分裂>暴行容疑で山健組系組長逮捕、否認

 指定暴力団山口組(神戸市)系組員の男に暴行したとして、宮城県警暴力団対策課などは24日、暴力行為法違反の疑いで、山口組から離脱した「神戸山口組」(同)の中核組織・山健組系組長の無職川中健史こと菊池健一容疑者(45)=長野市中御所町4丁目=を逮捕した。県警によると、山口組分裂に伴う逮捕者は県内で5人目。
 逮捕容疑は同容疑で逮捕された山健組系組員ら男4人と共謀し、昨年11月6日午後9時ごろ、仙台市青葉区一番町4丁目の定禅寺通で山口組系組員の無職の男(37)を暴行した疑い。菊池容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。
 仙台市の国分町周辺で昨年11月9日夜、山口組と山健組双方の系列組員40〜50人が全国から集まりにらみ合いになった。同6日の暴行事件が原因とみられる。


関連ページ: 宮城 社会

2016年01月25日月曜日


先頭に戻る