宮城のニュース

<文化財守る>岩沼/消防署と連携門に放水

随身門に向けて放水する自衛消防隊員=岩沼市の竹駒神社

 文化財防火デー(26日)を前に24日、宮城県内各地の文化財で消防訓練が行われた。地域の伝統ある建物を焼失から防ごうと、参加者は消火活動などに臨んだ。

 宮城県岩沼市では、竹駒神社で消防訓練が行われた。神社の自衛消防隊と岩沼消防署が合同で実施した。
 訓練は境内にある市指定文化財の随身門から出火したという想定で始められた。「火事だ」という叫び声を合図に始まり、自衛消防隊が可動式ポンプを出動させて放水。通報で駆け付けた消防車も加わり、手際よく鎮火作業に当たった。
 竹駒神社では1990年に放火事件があり、社殿が焼失した。訓練後、千葉博男宮司は参加者に「常日頃から訓練を怠らず、いざという時はスムーズな初期消火に当たるようお願いしたい」と述べた。


関連ページ: 宮城 社会

2016年01月25日月曜日

先頭に戻る