宮城のニュース

今季一番寒い朝 仙台、氷点下3.6度

足元を気にしながら雪道を慎重に歩く人たち=25日午前9時25分ごろ、仙台市青葉区中央3丁目

 宮城県内は25日、強い寒気が上空に流れ込んだ影響で、朝から全域で雪となった。仙台の朝の最低気温は氷点下3.6度となり、今季一番の冷え込みを記録した。

 仙台管区気象台によると、正午現在の県内の積雪は、仙台11センチ、仙台市新川43センチ、栗原市駒ノ湯97センチ、大崎市古川16センチなど。朝の最低気温は、大崎市鹿島台で氷点下9.6度、登米市米山で氷点下8.3度、名取で氷点下7.3度となり、それぞれ今季最低を更新した。
 JR東日本仙台支社によると、午前5時5分ごろ、仙台市宮城野区の仙石線車両倉庫で、下り回送列車のパンタグラフが雪の重みで作動しなくなった。その後も同様のトラブルが相次ぎ、上下計12本が運休。約6550人に影響した。
 管区気象台によると、26日の県内は、東部は晴れや曇り、西部は曇りの見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2016年01月25日月曜日


先頭に戻る