宮城のニュース

介護送迎車逆さまに転落 90代女性死亡

車道から転落したワゴン車を調べる消防署員ら=25日午前10時25分ごろ

 25日午前9時半ごろ、仙台市青葉区旭ケ丘1丁目の市道で、同区の介護施設「アースサポート仙台青葉」の送迎用ワゴン車が約3メートル下の駐車場に逆さまに転落した。車には職員2人と利用者6人が乗っていた。利用者のうち90代の女性が全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。60〜80代の男女5人がけがをした。
 仙台北署によると、車は雪が積もった下り坂の左カーブを曲がろうとした際にスリップし、道路脇のポールをなぎ倒して転落したとみられる。夜来の雪で路面は圧雪状態となっており、場所によっては凍結していたとみられる。
 近くの高校3年の男子生徒(18)は「以前からスリップ事故が多発していた。道が細く勾配があるため、降雪時は近所の人は絶対に通らない」と話した。
 現場は市地下鉄南北線旭ケ丘駅から南に約600メートルの住宅街。


関連ページ: 宮城 社会

2016年01月25日月曜日


先頭に戻る