広域のニュース
  • 記事を印刷

<外国人照準>マレーシアブロガーに物産PR

真っ赤なイチゴに目を輝かせるチージーさん

 東北経済連合会は、東北産品の魅力を世界に発信してもらおうと、マレーシアの人気女性ブロガー、チージーさんを23〜26日の日程で東北に招き、岩手、宮城、福島の3県を案内している。ブログなどSNS(会員制交流サイト)で東北を取り上げてもらうことで、物産の輸出拡大や外国人旅行客の増加につなげたい考えだ。
 親日家のチージーさんは、普段から日本のファッションや食の情報をブログなどを使って英語で発信。ブログにはマレーシアやシンガポール、米国などから月約35万件のアクセスがあるという。
 25日、チージーさんは東日本大震災後に設立された宮城県山元町の農業生産法人「GRA」のハウスでイチゴ狩りを体験した。最先端の栽培施設も見学したチージーさんは「新鮮で甘く最高のイチゴ。作り手の努力に感動した。東北のお役に立てるよう魅力を伝えたい」と話した。
 23、24両日は、二戸市の南部せんべい店や大崎市のみそ・しょうゆ店などを巡った。26日は郡山市で酒造会社と果物店を訪問する。
 東経連が外国人ブロガーを招くのは初めて。藤原功三部長は「彼女の発信力に期待している。世界の若い世代に東北の魅力を知ってもらい、東北産品の輸出拡大につなげたい」と話した。


関連ページ: 広域 経済

2016年01月26日火曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る