宮城のニュース

<仙台駅>「エスパル仙台東館」3月開店

3月18日に利用開始となるJR仙台駅東西自由通路のイメージ図

 JR東日本仙台支社は28日、仙台駅東口に整備中の大型商業施設を3月18日に開業し、拡幅工事が進む東西自由通路の利用も同時に始めることを発表した。商業施設の名称は「エスパル仙台東館」とした。自由通路とつながる東館2階には、東口改札(4レーン)を新設し、東口側から来る利用者の利便性を高める。
 仙台支社によると、東館は地上6階、地下1階で店舗面積約1万300平方メートル。施設の核店舗には、4階に生活雑貨大手「東急ハンズ」(東京)が入るほか、新規の77店を含め計82店舗が入店する。館内に設置する保育園と医療クリニックは4月1日に開業する。
 2階の自由通路は幅6メートルから16メートルに拡幅し、4階まで高さ16メートルの吹き抜けとなる。シンボルツリーやフラワーポットを置くほか、発光ダイオード(LED)照明、太陽光パネルを活用し、環境に配慮した空間にする。市民に自由通路の愛称を募集する予定。
 エスパル仙台は東館開業に合わせ、一部改装中の本館でも33店舗が新規出店や新装オープンするほか、新たなブランドイメージ創出のためエスパルのロゴを変更する。
 新たな取り組みとして、東館の駐車場(5階〜屋上)に電気自動車の充電設備を4基設置。本館の一部に限られていた無料の公衆無線LAN「WiFi(ワイファイ)」の利用範囲を、東館やエスパル仙台Uも含めた全ての共用スペースに広げる。
 訪日外国人旅行者の利便性を高めるため、中国を中心に普及している「銀聯(ぎんれん)カード」も3館のほとんどの店舗で利用できるようになる。
 このほか、仙台駅やホテルメトロポリタン仙台など約40カ所で伝統工芸品などの展示コーナーを設け、東北の魅力を発信するプロジェクト「ヨリ未知 SENDAI」を展開する。
 松木茂支社長は「長年の懸案だった仙台駅の機能の充実と東口の顔をつくる取り組みが、大きく前進する。施設の開業後は、仙台駅の利用者が満足できるよう力を入れたい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年01月29日金曜日

先頭に戻る