宮城のニュース

マガン、サギ…伊豆沼・内沼の写真109点

伊豆沼・内沼の自然を写した力作に見入る来場者

 第25回伊豆沼・内沼の自然フォトコンテスト(実行委主催)の作品展示が2日、栗原市若柳の県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターで始まり、野鳥ファンや写真愛好家らでにぎわっている。
 入賞の20点を含めて計109点を展示。最優秀賞(県知事賞)には、朝日とともにV字型の編隊になって飛び立つマガンをとらえた日野〓さん=山形県山辺町=の「編隊飛行」が選ばれた。
 入賞作の中には、鏡のような水面にたたずむサギや、伊豆沼と星空を写すなどした力作が並び、訪れた人たちは感心した表情で見入っていた。
 展示は3月31日まで。入賞作は5月から8月にかけて栗原、登米市内の4カ所で巡回展示される。


[〓=言ヘンに念]


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年02月03日水曜日

先頭に戻る