宮城のニュース

<アーカイブ大震災>襲来の瞬間 悔恨の数こま

防災対策庁舎の屋上から加藤さんが撮影した大津波が押し寄せる瞬間=2011年3月11日午後3時34分(南三陸町のホームページから)
津波で大破し、鉄骨だけが残った防災対策庁舎=2011年4月、宮城県南三陸町志津川

 がれきの町に赤い鉄骨だけを残す3階の建物。宮城県南三陸町の防災対策庁舎は、津波の激しさと被害の大きさを物語る施設として、繰り返し報道されてきた。屋上に避難した町職員ら約30人のうち、助かったのはわずか10人という悲劇の現場。その屋上で男性職員は、庁舎が大津波にのまれる瞬間をカメラに収めていた。

◎その時 何が(16)悲劇の防災庁舎でシャッター(宮城・南三陸町)

 その時、南三陸町総務課の加藤信男さん(39)が構えたカメラの設定が正確ならば、2011年3月11日午後3時34分だった。海岸から約500メートル離れた町防災対策庁舎を、巨大津波が直撃した。
 「『決定的瞬間』とか『決死のシャッター』だとか、ほめられた話じゃない。こんな所まで津波は来ないと油断し、逃げ遅れた。反省、後悔…。つらい写真です」
 激しい揺れが襲った時、隣接する木造の町役場1階にいた。当時は企画課で広報を担当して3年目。「何かあったらすぐ写真を撮る。それが習慣になっていた」。揺れが収まると、使い慣れた一眼レフカメラを手に取った。
 書類が散乱した役場内、屋外の様子。「どうせ津波が来ても1、2メートル。その時は防災庁舎に上がればいい」。そう思いながら撮影を続けた。
 「津波が来るぞ!」との声を聞き、加藤さんも庁舎屋上に上がった。
 レンズ越しに眼前に迫る津波を見ても「恐怖心はなかった」。波に足をすくわれ、われに返った。「まずい」

 その日は町議会の最終日だった。役場には佐藤仁町長や職員約40人、町議らがいた。地震後、佐藤町長や職員、町議の何人かが防災庁舎に向かった。
 防災庁舎2階の防災無線の放送室では、危機管理課の女性職員が高台への避難を繰り返し呼び掛けていた。
 津波が迫る。職員らが屋上に続く階段を続々と駆け上がった。間もなく、巨大津波が屋上をたたく。何人かは、そびえる無線アンテナにしがみついた。
 加藤さんは首から提げていたカメラを、とっさにジャンパーの内側に入れた。屋上を流され、やっとのことで外階段の手すりにつかまった。階段の手すりに背を向け、柵に左足を絡めた。
 津波の猛烈な流れに押され、体は腰を支点にエビぞりになった。体を起こそうにも水圧に勝てない。水位がどんどん上がる。顔が激流にさらされ、沈み、水を飲んだ。
 死を覚悟したとき、胸ぐらをつかまれた。
 「ほら頑張れ!」。そばで同じように津波に耐えていた副町長の遠藤健治さん(63)が、体を起こしてくれた。
 激流の中で遠藤さんの手が離れると、また潜った。「やっぱり駄目か」。諦めそうになると、遠藤さんがまた、胸ぐらをつかんで引き起こす。その繰り返し。生死の境を何度も行き来し、気付くと津波が引き始めた。

 翌日、骨だけの庁舎に絡んだ漁網などを伝って、がれきが重なる地上に下りた。しばらく体調がすぐれず、カメラを確かめたのは10日ほど後。本体は壊れていたが、データは無事だった。
 残っていた数十こまの写真には、犠牲になった上司や行方が分からない同僚の姿も写っていた。
 町は3月末、加藤さんが残した写真のうち6枚を、町のホームページで公開した。関係者らの心情に配慮し、人物が写っていないこまに限った。
 「みんなが真剣に津波防災に取り組む参考にしてほしい。写真は避難が遅れた証拠。見た人には『津波の時はまず避難』と思ってほしい」
 忘れたい出来事さえも伝え残さなければならない。加藤さんら助かった職員らは葛藤しながら、復興の前線に立ち続けている。(大泉大介)=2011年6月1日河北新報
          ◆         ◆         ◆
 2011年3月11日の東日本大震災発生以来、河北新報社は、被災地東北の新聞社として多くの記事を伝えてきた。
 とりわけ震災が起きた年は、記者は混乱が続く中で情報をかき集め、災害の実相を明らかにするとともに、被害や避難対応などの検証を重ねた。
 中には、全容把握が難しかったり、対応の是非を考えあぐねたりしたテーマにもぶつかった。
 5年の節目に際し、一連の記事をあえて当時のままの形でまとめた。記事を読み返し、あの日に思いを致すことは、復興の歩みを促し、いまとこれからを生きる大きな助けとなるだろう。


2016年02月04日木曜日


先頭に戻る