宮城のニュース
  • 記事を印刷

雪山で人気ぐんぐん 雪上車イベント人気

乗車体験が人気のSM30型雪上車=宮城県栗原市栗駒耕英の「ハイルザーム栗駒」
乗車体験が人気のSM30型雪上車=宮城県栗原市栗駒耕英の「ハイルザーム栗駒」

 宮城県栗原市栗駒耕英の温泉宿泊施設「ハイルザーム栗駒」で行われている雪上車の乗車体験が、人気を集めている。1973年製造のSM30型雪上車は南極観測隊が使用したのと同型。ことしも1月下旬に始まった恒例の冬季イベントにお目見えし、観光客らを楽しませている。

 乗車体験は土、日曜、祝日のイベント「スノーランド イン ハイルザーム栗駒」で行われる。施設構内の林の中などを10分ほどかけて走行。除雪していないコースで雪の凸凹を乗り越えながら走ると、乗客から「すごい」「面白い」と歓声が上がるという。
 雪上車は、岩手・宮城内陸地震(2008年)により閉鎖した温泉宿泊施設「いこいの村栗駒」で緊急車両として使われてきた。2014年の施設解体に伴い、経営母体が一緒のハイルザーム栗駒に移管され、昨季からイベントで使用されている。
 乗車は午後1時からで無料。イベントではスノーモービル乗車体験やスノーシュー体験(いずれも有料)、雪の滑り台でのそり遊びなどが楽しめる。3月中旬までの予定。
 ハイルザーム栗駒の鈴木広之支配人は「雪上車にはめったに乗れないと思う。家族で雪遊びを満喫した後、温泉で温まってもらえればうれしい」と期待する。
 土曜は栗駒総合支所発着の無料送迎バスを運行する。予約制で、連絡先はハイルザーム栗駒0228(43)4100。


関連ページ: 宮城 社会

2016年02月06日土曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る