宮城のニュース
  • 記事を印刷

<議長政活費疑惑>返還求めオンブズ監査請求

硬い表情で不正支出を否定する安部氏=8日午後4時すぎ、宮城県議会議長応接室前

 宮城県議会議長の安部孝自民党県議(60)=宮城選挙区、5期=が活動実体が不透明な仙台事務所の維持費に政務活動費(政活費)から6年間で計約540万円を支出した疑いが持たれている問題で、仙台市民オンブズマンは8日、村井嘉浩知事に対し、安部氏に同額を返還させるよう求める監査請求をした。
 請求によると、安部氏は2009年4月〜15年3月、選挙区外の仙台市青葉区に設置した仙台事務所の賃料や光熱費、新聞代、電話料金として計約540万円を政活費から支出した。
 県議会の「政活費の手引き」によると、事務所費に政活費を充てる場合、外観から事務所であることが分かり、実際に政務活動に使われている必要がある。しかし、河北新報社が現場を確認した5日まで、外部から見える場所に看板やポスターは掲げられていなかった。
 事務所の位置付けについて、オンブズマンは「安部氏が内縁の妻と同居するための住居であり、賃料はこの女性が同族経営する不動産会社に支払われている」と主張している。
 具体的には(1)親族関係が疑われる女性に6年間も政活費を支出した(2)外観上、事務所であることを示す看板がない(3)選挙区外の仙台に事務所は必要ない−などの問題点を列挙。政活費交付に関する条例や手引きに抵触し、違法だと強調する。
 オンブズマンの石上雄介弁護士は8日、宮城県庁で記者会見し「政活費の適正な支出に対する意識に欠ける」と安部氏を批判した上で「そもそも政活費をチェックする議会の仕組みが機能していない」と構造上の問題も指摘した。
 安部氏は同日、報道陣の取材に「お騒がせし、県民と議会におわびしたい」と陳謝。その上で「県庁がある仙台市も政治活動の拠点だ。(建物の前の看板は)仙台事務所開設時に設置した。政活費を適正に処理してきたが、返還も含めて請求書を精査する。議長職は大事な使命であり、職責を全うしたい」と語った。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年02月09日火曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る