宮城のニュース

集団強姦容疑 不起訴の町職員停職1ヵ月

 宮城県丸森町は9日、集団強姦(ごうかん)容疑で逮捕され、不起訴となった町民税務課の男性主事(22)を停職1カ月の懲戒処分にした。
 町は処分理由を「町職員の信用を失墜させ、町政全体への信頼を著しく損ねる結果を招いた」と説明した。管理監督責任を問い、町民税務課長ら上司3人を厳重注意処分とした。
 主事は宮城県岩沼市消防署警防課の男性消防士(22)と昨年10月17日未明、岩沼市内の消防士宅で、知人の20代女性に性的暴行をしたとして岩沼署に逮捕された。仙台地検は1月29日、2人を不起訴処分とした。


関連ページ: 宮城 社会

2016年02月10日水曜日

先頭に戻る