秋田のニュース

<柴灯まつり>なまはげ7匹PR 県庁で喝

大声で県庁職員に迫るなまはげ

 12〜14日に男鹿市の真山神社で「なまはげ柴灯(せど)まつり」が開かれるのを前に、なまはげ7匹が10日、秋田県庁を訪れ、まつりをPRした。
 なまはげたちは「ちゃんと仕事してるがー」「なまげでないがー」と叫びながら、知事室や観光振興課などに乱入。職員らに「柴灯まつりさ来ねば、山さ連れで帰るどー」と宣伝しながら庁内を歩き回った。
 ことしは、荒れる海の波を鎮める男鹿地方独特の神事「鎮釜祭・湯の舞」が3年ぶりに復活する。なまはげ柴灯まつり実行委員会は「宿泊施設も若干余裕があるので、ぜひ見に来てほしい」と呼び掛けている。
 3日間とも午後6時10分開始。連絡先は実行委0185(24)9220。


関連ページ: 秋田 文化・暮らし

2016年02月11日木曜日


先頭に戻る