山形のニュース
  • 記事を印刷

<明倫中事件>遺族、元生徒3人を再提訴

 山形県新庄市明倫中で1993年に起きたマット死事件で、死亡した1年生の児玉有平さん=当時(13)=の遺族が9日までに、最高裁で確定した損害賠償約5760万円の支払いに応じていない元生徒7人のうち、3人を相手に同額の支払いを求めて山形地裁に提訴した。訴えで損害賠償請求権の時効を中断させる。提訴は1月12日付。
 訴状などによると、遺族は死亡に関わったとされる元生徒7人に損害賠償を請求。2005年9月、全員の加害行為を認定し賠償金の支払いを命じる判決が確定したが、元生徒7人は支払いに応じていない。
 損害賠償請求権の時効は判決確定から10年。遺族は昨年、元生徒4人には債権を差し押さえる手続きにより時効を中断させた。提訴した3人に対しては、勤務先が分からないなどの理由で差し押さえができず、催告により当初の時効を延長させた上で提訴した。
 元生徒7人は傷害、監禁致死の疑いで逮捕、補導された。うち補導された当時12歳の1人は行政処分となった。山形家裁は少年審判で逮捕された3人を不処分(確定)、補導された3人を保護処分とした。仙台高裁は保護処分の3人の抗告を棄却、確定。仙台高裁は判決で7人全員の関与を指摘した。
 児玉さんの父親昭平さん(67)は「判決が時効になり、絵に描いた餅になるのは避けたかった。10年待ったやむにやまれぬ訴えで、親となった元少年たちには罪の意識を自覚し、償ってもらいたい」と話した。


関連ページ: 山形 社会

2016年02月10日水曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る