宮城のニュース

そり滑り、足湯…真冬の栗原 丸ごと満喫

 真冬の栗原を楽しむ第11回花山雪っこまつりが13、14日、宮城県栗原市の道の駅「路田里はなやま 自然薯(じねんじょ)の館」と市花山農山村交流センター(ふるさと交流館)である。
 高さ4メートルの雪山をつくり、そり滑りができる長さ約20メートルのコースを設置。足湯もある。相手にディスクを当てる「雪上ドッジビー」大会には市内外の15チームが参加する。雪不足で、恒例のスノーモービル乗車体験は中止となる見込み。
 岩手・宮城内陸地震、東日本大震災で減少した観光客の回復と、東京電力福島第1原発事故による風評被害の払拭(ふっしょく)を目指す。入場無料。両日とも午前10時〜午後2時。連絡先は道の駅0228(56)2265。


関連ページ: 宮城 社会

2016年02月11日木曜日

先頭に戻る