宮城のニュース
  • 記事を印刷

<結婚詐欺>偽名使い分け 計1億円詐取か

お見合いパーティーで、末永容疑者が使用していたとされる偽の名刺と携帯電話

 仙台市の女性がお見合いパーティーで知り合った男から700万円をだまし取られた結婚詐欺事件で、仙台中央署は16日、この女性からさらに300万円をだまし取った詐欺の疑いで、本籍千葉市、無職末永浩二容疑者(50)を再逮捕した。
 中央署によると、末永容疑者は約10年前から仙台市内や東京都内などで開かれたお見合いパーティーに本名以外に「末永晴」「大野浩二」などの偽名を使い参加。実在する大手航空会社の一等整備士や整備課長などと偽り、30〜40代の女性十数人にうその結婚話を持ち掛け、計約1億円をだまし取った可能性がある。
 逮捕容疑は2014年9月下旬〜12月下旬ごろ、お見合いパーティーで知り合った仙台市の30代の女性会社員に「婚約指輪は自分が買うので新婚旅行の費用を出してほしい」などとうその結婚話を信じ込ませ、計300万円をだまし取った疑い。「金は受け取ったが、だまし取ったつもりはない」と容疑を否認しているという。
 末永容疑者は14年6月、この女性に同居のためのマンション購入を持ち掛け、頭金名目で現金700万円をだまし取った詐欺容疑で1月26日に逮捕され、処分保留となった。


関連ページ: 宮城 社会

2016年02月17日水曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る