宮城のニュース

華やかな「お花見弁当」8種登場

春らしい彩りの弁当が勢ぞろいした

 4月の「おおがわら桜まつり」の会場で販売する「お花見弁当」の発表会が17日、大河原町商工会館であった。町内の飲食店やスーパーなど6店が腕を振るった華やかな弁当がお目見えした。

 菜の花、タケノコといった春の食材や地元産もち豚のカツを詰め込んだ8種類の弁当が登場。桜の花びらの形をしたかまぼこや桜エビを散らして春らしさを演出する弁当もあった。
 発表会では、町や商工会の関係者約20人が一足早く味わった。商工会女性部の高橋佑子部長は「どれも地元の食材が入って、ボリュームもある弁当ばかり」と味比べをしていた。
 弁当は一部を除き1000円。4月7〜21日に同町の白石川河川敷で開催する桜まつり会場で販売する。


関連ページ: 宮城 経済

2016年02月18日木曜日


先頭に戻る