宮城のニュース

<ダンボルギーニ>マナー違反横行 車体に傷

注意喚起の紙が張られたダンボルギーニ

 宮城県女川町のテナント型商店街「シーパルピア女川」の店に展示され、人気を集めるスーパーカーの実物大模型「ダンボルギーニ」が、故意にたたかれたり押されたりし、しわが生じるなどの事態となっている。店側は、手で触れないよう呼び掛ける張り紙で注意喚起している。

 ダンボルギーニは、石巻市桃生町の梱包(こんぽう)資材会社・今野梱包が段ボールで製作。商店街の「KONPO’S FACTORY」(コンポズファクトリー)に置かれている。
 店には昨年12月23日のオープン以来、数万人が訪れた。間近で質感を見たり、製作者の思いを感じたりしてほしいと、店側は間仕切りは設けず、手で触れないよう口頭で伝えてきた。だが、一部の客がボンネットなどをためらいなくたたいたりするケースが発生。「触っちゃ駄目と書いてないじゃないか」などと開き直る人もいた。
 今野英樹社長(43)は「ダンボルギーニは分解できる造りでなく、しわやへこみが付くと二度と直せない」と強調。今月15日にやむを得ず張り紙した。「マナー違反がなくなれば張り紙を外したい」と理解を求める。


関連ページ: 宮城 社会

2016年02月18日木曜日


先頭に戻る