宮城のニュース
  • 記事を印刷

<仙台L>市瀬が代表候補合宿へ U−20

 日本サッカー協会は17日までに、U−20(20歳以下)日本女子代表候補合宿(21〜25日・鹿児島県内)に参加する23選手を発表し、宮城・常盤木学園高から仙台レディース(仙台L)に新加入したDF市瀬菜々(18)が選ばれた。
 合宿は11月から12月にかけてパプアニューギニアで開かれるU−20女子ワールドカップ(W杯)のメンバー育成を目的に実施する。U−15からU−19まで各年代の代表を経験した市瀬は「W杯メンバーに残れるようしっかりアピールし、仙台に戻ってきた時にひと味違うプレーを見せられるよう頑張る」とクラブを通じてコメントした。


2016年02月18日木曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る