宮城のニュース

<防潮堤>石巻・雄勝 震災前と同じ高さ完成

完成した波板地区の防潮堤

 東日本大震災の津波で被害を受け、復旧工事が行われていた宮城県石巻市雄勝町波板地区の防潮堤が完成し、19日、現地で式典があった。住民の要望を踏まえて高さを震災前と同じ約4.8メートルとしたほか、地元特産の玄昌石を埋め込み意匠を凝らした。雄勝町で震災後に防潮堤ができたのは初めて。
 防潮堤は延長約100メートル。震災の影響で沈下した約1メートル分をかさ上げした。工期は昨年3月2日から今月10日までで、総工費は約5000万円。玄昌石約1000枚を階段と展望部に配置した。地域住民や支援者が連携し扇形と三日月形にデザイン、加工した。
 式典には住民ら約40人が出席。波板地区会会長の鈴木紀雄さん(75)は「震災で集落が崩壊し、多くのNPOやボランティアらの協力でここまでやってきた。身の丈に合った地域づくりにまい進する」と述べた。
 亀山紘市長は「防災・減災だけにとどまらず、地域づくりの新たな可能性に期待したい。自然と一体となり、震災前にも増して素晴らしい地域となるよう最大限支援する」と話した。
 波板地区は震災前、21世帯約60人だったが、津波で17世帯の家が流された。仮設住宅などで生活する6世帯15人ほどが5月にも、地区の高台にできる災害公営住宅などに住む見通し。


2016年02月20日土曜日


先頭に戻る